高等遊民前夜

日記と考え事のログ

エコの悪魔

 水曜日。チェンソーマンが休載で少しだけ朝が味気ない。タイザン5先生の「一ノ瀬家の大罪」が私の思春期のトラウマを抉ってくる。私がいちばん死にたかったのは小中学生のころだった。学校という場所の残酷さを描くのがうますぎる。毎日読むものがあると、曜日感覚が研ぎ澄まされてよい。私はテレビをリアルタイムで観ることがほとんどない生活をしているから、余計にそう思う。

 今回のAmazonブラックフライデーのセールで買ったドリッパーとポットをおろした。自宅にはすでに別のものがいくつかあるけど安かったから衝動買いした。カリタとハリオを組み合わせて無理やりキメラ使用。ドリッパーは形状で味が変わったりするが、いつも使用しているものよりもあっさりしていた。抽出がいつものものより早かったから、すっきりした後味になるのだろう。

 ネットを見ていると、ブラックフライデーを最大限活用していてすごいなと思う。こういう大型セールは、なんとか得をしようと考え無しに買い漁ると、結果的に安物買いの銭失いに陥りそうで怖い。それを恐れてなんだかんだ大した買い物をしないのが私だ。今回はこれと、普段飲んでいるプロテインを大量発注したのみ。

 Adobeのコンプリートプランの購入するかちょっと悩む。最近職場のAdobe損切りされて、Acrobat以外は使えなくなってしまった。個人利用も(勝手に)させてもらっていたから、今後も使うには自分で買うしかないわけだけど、値段が値段だからしり込みする。Adobeはサブスク化したことでめちゃ儲かったんだろうな。ぎりぎりまで悩むことにする。

 

 昨日ポストの確認を忘れていたから観に行く。株を買っている会社からもろもろの書類が届いて、急に年末感が漂ってきた。無印良品の5%割引券とか、焼肉店の15%割引券とかもゲットした。
 ふと家計アプリで今年の貯金額を見てみたら、2022年は今日までで250万くらい貯金していた。平凡な限界OLなのに恐ろしすぎる、貯金の悪魔だ。コロナ禍や致死量の残業が追い風になっている節はあるけど、それなりに散財していた割にはすごい数字だ。12月の給与とボーナスの貯金分でワンチャン300いくんじゃね?と私の中のギャルが騒ぐ。このままなにかの間違いで5億円くらい貯まらないだろうか。仕事辞めたい。

  

(特にドリッパーは40%オフでありがたかったです。)